お金を稼ぐ手段が増え、より柔軟な暮らし方ができる世の中

お金を稼ぐには、基本何かを提供する必要がある。

何かを提供する側とお金を払う側が繋がる為のシステムがもっとあっても良いんじゃないか?(→具体的に何と何が繋がりやすくなるべきか列挙する議題を作るか。。?)

より抽象的に考えれば、各個人が持つ「能力、時間、持ち物、情報、考え方、アイデア」や、「年齢や業種、結婚の有無に紐づくステータス」を提供出来る人と、求める人・場所がもっと結びつきやすくなれば、皆んながもっと柔軟に生活できるようになると思う。


1
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
0 発言者
とうま 最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
とうま
ゲスト
とうま

他にも観点として、
以下のような問題・方法があるかも。

①そもそも何が、金銭のやり取りを発生させるだけの価値があるか分かってないので、求める人を探そうとならない可能性。

②提供する能力や経験と、金銭を払う人が求めるものの間に、ちょっとした乖離があって、ちょっとした変換(※1)や、他のもの・人とのコラボ(※2)、どう利用出来るか(※3)の説明が必要だったりする。
※1.例えばプレゼントのラッピング。
※2.例えば自動車。部品作り、組み立て、宣伝になど、自分がどのピースになるのかって話。
※3.例えば型くずれの野菜。栄養・あざは変わらないが、型くずれてるので安いです、って設計があればより買いたくなる。

③これは念のためだけど、何かの提供先と、お金を払う人は必ずしも一致させる必要はない。システムって表現はまさにその通り。何かを提供する事で回り回って自分に返ってくるみたいな。無料アプリの広告モデルが典型的。