介護施設不足を解決する為に考えるべき事は?

介護人材不足で問題になっているが、それ以前に介護施設が足りていません。2014年時点では、介護施設の定員数は要介護要支援認定者の16%をカバーする程度しか整備されていません。(※)

大和総研「経済構造分析レポート – No.48 – 2025 年までに必要な介護施設 」

この問題を受け、介護施設数を増やす為に、考えるべき切り口を議論したいです。

一応、以下は僕の意見です。

以下3つに切り分けた上で、問題を考えます。

①新規参入者に対してのアプローチ
②既存事業者へのアプローチ
③介護施設設立と異なる方法へのアプローチ


さらに、少しだけ分解します。もっと深い話や、解決法は個別のページで議論します。(ちょっと備忘録的になっちゃってますがお許しください。)

①新規参入者に対してのアプローチ(新規参入者を増やす為にすべき事を考える。)

要は、やれば儲かって、簡単に事業ができるのであれば新規参入しそう。あとは、「その事が伝わる事」が重要そう。
事業化プロセスの明確化やガイドラインの作成と、それを伝える介護施設専門の開業コンサルタント、さらには、開業コンサルタントまで辿り着く為の営業の整備や、ネット情報の整備が必要そう。

さらに、誰に対して、新規参入の余地があって、参入するべきか言うか考えねば。企業に言うのか、起業家に言うのか、介護施設職員に言うのか。それとも大学生とか考える余裕がある方に言うのか。

あとは、介護施設を開業・運営する為の注意点とか問題どころの洗い出しと対策も考えないと。例えば、介護施設の開業で困るのは人材確保だが、その為に、〇〇ってwebサイトを使うべきというように。

②既存事業者へのアプローチ

☆☆儲けている企業に対して☆☆

なぜ事業拡大しないのか問題を洗い出し対案を出す。

或いは、単純に事業活動が視野に入っていない企業には、事業拡大による予想収益やノウハウを提示し、事業拡大を促す。その為には、各企業の財務状況などを把握し、事業拡大の可能性を精査し、提案する(国の)部隊や企業が必要かも。

☆☆儲けていない企業に対して☆☆

儲ける方法を考え、その後、事業拡大の方法を考える or 儲ける為の方法として事業拡大という方法を提示する。(規模を増大することによって、人材プールや事務の効率化を図り、コストを削減して儲ける など。)

③介護施設設立と異なる方法へのアプローチ

介護施設設立とは方法で、介護問題の解決を考える。
例:訪問介護、ネット介護、地域包括支援センター、地域住民による介護の仕組み など。

一旦こんな感じか。

ここに書いた内容は、時間が空いた時に起票するとして、他に考えべき観点があればお知らせください。

雑学を知ってびっくりしている表情

あ、できれば、代わりに起票いただきたいです..(出来ればご意見も交えて..)

タグ:
関連する議論
介護に関する問題には何がある? >介護施設不足を解決する為に考えるべき事は?

3
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
2 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
3 発言者
名無しさん名無しさん名無しさん 最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
名無しさん
ゲスト
名無しさん

新規参入者に対してのアプローチでは、「参入を考える人への補助」と、「参入したいと考える人を増やす」という方針に分けた方が良いのでは?