働きたくても働けない(仕事がない)高齢者がすべき事

働きたいけど働けない、働きたいけど仕事がない、という方々は世の中に多数いるかと存じます。

「ニッポン一億総活躍プラン 平成28年6月2日 閣議決定」によると、約7割の高齢者が65を超えても働きたいと考えているが、実際に働いているのは2割程度だそうです。

このページでは、そのような労働意欲があるのに働けない方が、どうやれば仕事を手に出来るか、について議論したいです。一方、このページをご覧の方は、世の中の課題や本質、あるべき姿について関心がある方、貢献したい方であって、働けない高齢者でない可能性が高いです。

なので、ここで出てきた意見を積極的にシェアして頂けると有難いです。

 

なお、当事者でない自分たちが、働きたくても働けない(仕事がない)高齢者の為に出来る事に関する議論はこちらです。

僕が思うこの問題の解決策は以下です。

寿退職という建前で退職を余儀なくされている方々がすべき事

自身を採用し続ける事のネックを把握した上での、雇用者との交渉。

企業が人を雇い続ける理由は損得(※)にしかありません。

雇用主が、辞職を進めるとすれば、
自身の年収が、企業にとって割に合わないものになっている可能性が高いです。

なので、一から契約を練り直す交渉が一番の解決策だと思います。
それでも交渉が難航した場合は、以下の点での妥協が考えらえると思います。
・年収
・契約年数(1年限りの単年契約)
・事業内容や事業部署の変更
・相談役としてのパートタイム勤務
・新規事業の立案業務

※企業にとっての損得は、収益に関するものと、社内貢献があると考えています。なので、心理的な面も損得に含まれるでしょう。

既に職を失っている方々がすべき事。

正直、この年齢では即戦力としての採用しかありえないです。

なので、自分のスキルや経験を生かせる所か、人材不足で猫の手でも借りたい企業を探すしかなさそうです。

前者は、⓵自己分析②ある年数続けていた事と自身の強みを見つめなおす。③そのスキル経験を生かせる場所を探すことで対応。

(ちなみに、『高齢者なのに思考力が落ちていない、働ける』っていうだけで、考えようによっては武器になりうると思います。)

後者は人気のない業種を探すか、地方など慢性的に人が足りないところに出向くことで対応するのが良いかと。
65歳でまだ中年扱いされる場所だってあるし。

以上です、もしあればご意見お願いします。

タグ:

1
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
0 発言者
最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
trackback

[…] 個別議論ページ ・働きたくても働けない(仕事がない)高齢者の為に出来る事 ・働きたくても働けない(仕事がない)高齢者がすべき事 […]