働きたくても働けない(仕事がない)高齢者の為に出来る事

「ニッポン一億総活躍プラン 平成28年6月2日 閣議決定」によると、高齢者の7割近くが65歳を超えても働きたいと考えているが、

実際働いているのは2割程度だそうです。

この現状を踏まえ、このページでは、他の方々が出来る事を議論したいです。

とりあえず以下の属性の方々を想定しています。
・政治家
・実業家や新規事業立案者、週末起業家としての立場
・同僚としての立場
・雇用主としての立場
・市民としての立場各立場から何か意見がある方、または、他の立場も想定すべきだと思う方、ぜひ議論への参加をお願いします。

【参考】
⓵働きたくても働けない(仕事がない)高齢者自体が出来る事の議論はこちらから。
②働きたくても働けない他の方々の議論はこちらから。

ざっと僕が思う、各立場で出来る事を述べます。

政治家

企業への働きかけ。
→維持、高齢者バンクの存在の周知、新たな高齢者ニーズがないかのヒアリング、紹介など。

法律の整備
→高齢者を企業が採用したがらない理由が、今までの会社への貢献や付き合いで、いきなり給与を下げられなくて、給与が働きに見合わない事だとすれば、採用時の再契約に関する法律を整備すれば良いのでは?(あるとすれば周知の徹底)

実業家や新規事業立案者、週末起業家としての立場

高齢者転職市場の活発化。よく考えれば、求職側にも企業側にもニーズがある筈。

これをやるならぜひ僕に教えてほしい。

雇用主としての立場

(これから寿退社を迎える従業員に対して)
退職を迎える労働者との対話を絶やさない事。

慣例的に退職になっているが、実は会社でもっと働きたい人はいる。
であれば、年収や勤務条件面で再交渉すれば、win-winの関係を築ける。

再就職先に関する検討は寧ろ雇用主が考えてあげるべき。

寿退職者の従業員が1人でもいるなら、今後同様の機会には多数直面する筈で、上手く導いてやれるなら、従業員から愛される職場が出来るはず。

また、再就職先を上手く紹介できれば、企業間のコネクションも出来るメリットもある。

同僚としての立場

退職する高齢者への情報提供。

このページを見ている方は、情報や知識への感受性が高いはず。
調べないと分からない事って意外とある。仲良くなっておけば、いつか相談事とかでお世話になれるかも。

また、雇用主に対して、「雇用主の立場」で出来ることを提言しても良さそう。

市民としての立場

議論により、意見を確立して、選挙にいく事。

働きたいけど、働けない高齢者が多く存在することを知り、実際に現状を変える力がある方々に、その情報を届ける事。
(具体的なアイデアでなくても良い。現状を伝えるだけでも、そこから何か対応策を考え、実行してくれるかもしれないから。)

以上です、もしあれば、
各立場でのより具体的で詳細な意見や、他の立場からの意見もお願いします。

タグ:

1
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
0 発言者
最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
trackback

[…] ・働きたくても働けない(仕事がない)高齢者の為に出来る事 […]