労働者には生産性を上げるメリットはない。労働者の仕事を正当に評価する仕組みはどうやって作るか?

例えば、労働者がエクセルのマクロ機能に精通してて、自身の労働を自動化する能力があったとする。

労働者の立場なら、この事を公にするメリットは殆どない。

だらだら仕事して、〆切直前でマクロ実行ボタンを押すのが最も楽で合理的だ。

何故なら自動化できると上司に言えば余計な仕事が来るが、働く時間は変わらないので給料は変わらないからだ。

労働者が生産性を高めたいと思う為に、どのような企業努力が考えられるだろうか。(★議論対象)

勿論、労働者が仕事そのものを目的として働いていたり、昇進を強く望むなら話は違うだろうが…

タグ:

議論に参加する

avatar
  購読する  
通知