将来、介護施設や介護サービスが不足しない為にはどんな方法があるだろうか。

少子高齢化で将来介護施設/サービス不足が噂されるがどんな対応があるのだろう?
今考えられるのは以下。
①介護施設の巨大化
a. あまり想像したくないが、学校の体育館みたいな所で纏めて介護すれば、介護コストが減って少人数で世話が可能になる。

②サービスにメリハリをつけて、きめ細やかなサービスは諦める

③本業として働かずとも地域の人が参加できる仕組みを作る
a. 介護福祉士との役割分担を明確にする。
b. 地域通貨などと結びつけて地域住民が参加するインセンティブを作る.

④子供が責任を持って世話をする。
a. 子供が世話をする場合にも補助金を出す。(例えば65歳以上の親と同居した時とか?)

⑤介護事業コンサルの育成
a. 潜在的な需要はあるのだから、事業の始め方やビジネスモデルが明確なら、介護事業を始める人が増えるはず。

これらの実現性は?それとも他に方法があるか?

タグ:

議論に参加する

avatar
  購読する  
通知