生まれた時からずっと一つの宗教を信じ続けるのは難しくないか。

生まれた時から宗教が決まっていた場合、人はずっとその宗教を信じていられるものなのか。
自分が「意識的に」選んだ訳ではないのに、ずっと信じ続けるのは難しくないか。

ずっと信じてられなくなった人に対して、私は次のような考え方をするが、おかしいか?

—–
宗教は自身の拠り所の確保の為にあるとする。

だとすると疑念を持っていない時に関しては、寧ろ精神的な安定の為に有意義だったと解釈できる。

そして、疑念を持った時。

それはそれで良いのではないか。
これは守破離の考え方が参考になると思う。

自身の価値観形成の為に、まず型として、ある宗教を学び、そこから自分の型を作っていくという流れだ。なので、たとえ自身の宗教を疑い、過去を否定する事になったとしても、それは「正しく成長している」として肯定的に捉えて良いのだと思う。

これは単なる言い訳か?
それとも他の考え方はあるか?

タグ:

2
議論に参加する

avatar
2 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
1 発言者
Ghnm 最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
名無しさん
ゲスト
名無しさん

これが「悪い事」であるとすると、その原因を突き止めて、反論を出すのが良さそう。
「悪い」と判断する主体たりえるのは、この場合、以下だろう。
①自分
②同じ宗教の人
③その他一般人

で、多分③からすると、どうでも良いだろうから③は無視。
②は微妙。でも結局、「悪い」と断定したとしても、貴方以外にもその宗教に入っていない人がいる事を踏まえると、たぶん価値観の押し付けでしかないので、無視して良いのでは。そもそも現段階ではその宗教の価値観に賛同できないんだから。

だから結局、①の自分がどう思うかどうか。
自分の中で考えが固まってるんなら、自分を信じれば良いのでは?

Ghnm
ゲスト
Ghnm

なんでしょうこの気持ち