走行税って政策としてどうなん?

NHK NEWS WEBによると、政府は今、走行税を検討しているらしい。↓
https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190412/amp/k10011881941000.html

走行税は、車の運転者が、走った距離に応じて課される税金の事。

政策背景は将来的な車離れによる自動車税の減少。

1000km当たり5000円〜らしい。


3
議論に参加する

avatar
2 スレッド数
1 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
3 発言者
とうま名無しさん名無しさん 最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
名無しさん
ゲスト
名無しさん

何よりもまず、
記事にもあるが、走行距離を計測する為の、プライバシー問題はある。
GPSで走行距離を計測するならば、第三者に自分位置を逐一把握される可能性がある。実害は無さそうだがちょっと嫌。

この感覚を覆すだけの、政府の論理が欲しい。
「税収減ったから、金をくれ。その為に監視もさせてくれ」じゃあちょっときつい。

名無しさん
ゲスト
名無しさん

これは地方の人が苦しむ政策。