スキルや経験がない労働者はどうすれば仕事を得られるか。

スキルや経験がない労働者はどうすれば仕事を得る事が出来るのでしょう。

一応、僕の意見を述べますが、
違う場合や他の考えがある場合はぜひ教えてください。

就活の論点は以下に集約されると思います。

①如何にして自分が入りたい企業を見つけるか。
②どうすればその企業に自分の事を欲しいと思ってもらえるか。or(アピールが苦手であったり、そこまで希望がない場合など、)
①’如何にして自分を求めている企業を見つけるか。

 

で、それぞれ分けて対策を考えると、、

①如何にして自分が入りたい企業を見つけるか

感覚によって決めたいなら、企業情報にたくさん触れるべき。(他の方法もあるかもしれないが①’に記載)

論理的に決めたいなら、徹底的な自己分析をした後、それに合致する業界や企業を探し、選び取るという手順が求められる。

もちろん、自己分析の為に、企業情報に触れ、自己分析で得るべき観点を洗い出すという手もある。

決めかねる時は、色々な観点に点数をつけ逆に企業を採点する事で対応するのかなと。

②どうすればその企業に自分の事を欲しいと思ってもらえるか。

企業に入れるかどうかは、
・企業にとって利益になるかどうか。 &
・応募者の中での自分のランキングが定員数以内かどうか で決まりそう。

結局は、自分が面接で何点を取れるかどうか。

面接での結果が100点満点として、それを上げるためには、
企業の点数の配分を知るべき

そのうち何点を満たすかを知るには、自己分析が欠かせない。
自分が知らない事を相手に伝えることは出来ないので、自己分析を怠ると必然的に点数は低くなってしまうのに注意。

自分の商品の事もよく分からないセールスマンから商品は買わない筈。

「毒入りですか?」「分かりませんが、多分大丈夫です。」では商品を買うわけがない。よって、自己分析はすべき。
隠し味となるような、掘り出しアピールポイントが見つかるかもしれないし。

そこで足りない項目があれば、その項目のスキルを身につけるか、他の項目で攻めるか考えるべき。

なお、会社は短期的な視点長期的な視点がある。
もし、新卒であれば、長い目でみて、ずっと働いてくれるか、仕事をやり通せるかを見る筈。

一方で、中途であれば、長期的な視点よリも短期的な視点になるだろう。(要は即戦力となるか)

その際には、無理矢理でも、自分ならでは仕事が出来る事を証明する必要がありそう。もしないなら、新卒を採用する方が、コストもかからないし、扱いやすいしで絶対良いので。

①’如何にして自分を求めている企業を見つけるか

ネットであれば、就職(転職)情報サイトやエージェント、企業ホームページ。
勉強会等、コミュニティへの参加。企業や官公庁、大学が主催の就活イベント。

ついでに言うと、①②③を殆どいっぺんにやってくれるのが、転職エージェントになるのかと。(面倒な人や、省略をしたい人、助けが欲しい人 など)

一旦以上です。
もしあれば他の方法や意見などよろしくお願いします。
関連する議論:スキルや経験がなくて働く場所のない労働者の為に出来る事 
関連する議論:働きたくても働けない方々

タグ:

1
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
0 発言者
最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
trackback

[…] 【参考】 ①スキルや経験がない労働者自身が出来る事の議論はこちらから。 […]