介護業界への入職者を増やす為には?

介護業界への入職(転職や介護学校以外からの入職)経路には、ハローワークや知人からの紹介などがあるらしいが(※)、他にどんな経路 & 施策が考えらえれるだろうか?

※H23年では、ハローワークから約15.4万人、福祉人材センターから約1.0万人 の入職者がいたらしいです。
(参考:厚労省「介護人材の確保関係」)
さらに、見通しとして、以下を記載していました。

ハローワーク 16.0万人
○ 他の入職ルート(民間、口コミなど) 6.6~7.5万人
○ 福祉人材センター 1.1万人

そして、この数を増やす為に、以下を掲げています。
①参入促進対策②マッチング機能強化③魅力ある職場づくり

一方で、年間で介護職を辞める人数は24万人(H23)に及ぶそうです。なので、個人的には、介護人材不足の解消には、定着率を高める事を見据えた採用が必要に思えるので、「職がなくて」というネガティブな理由ではなく、「介護業界に意義を感じるから」というようなポジティブな理由で介護業界に転職する人が増えればな、と思います。よって、介護の場の魅力を伝える場として、著作権フリーのドラマ化などが出来たらなとか考えています。

雑学を知ってびっくりしている表情

介護業界への転職者を増やす為に他にどのような案が考えられますか?

タグ:

議論に参加する

avatar
  購読する  
通知