どうすれば、介護職に興味を持つ若者が増えるのか?

そもそも介護人材不足を改善する為には、介護需要を減らす方法と、介護人材を増やす方法があるんだけど、
今回は後者の、特に「若者に介護をやりたいと思ってもらう方法」を考えたいです。

これは、
若者が介護職を選ぶ動機と選ばない理由を考えた上で、どうすれば良いか考えれば答えが出そう。

ホームヘルパーや介護福祉士などの介護職についてのイメージ調査に基づいて、分類すると以下。(割合は、内閣府「世論調査」の資料と同値)
右側に割合がないやつは、僕が追記したやつ。

☆若者が介護職を選ぶ動機

「社会的に意義のある仕事」(58.2%)
「やりがいのある仕事」(29.0%)
「親の介護で自身への不甲斐なさを感じたのをキッカケに。」
「ボランティアなどで介護職員がかっこ良く見えて。」
「安定的な仕事」(※)
※新規就業者は景気の動向に 左右されやすいらしい。リーマンショック時新規就業者が増え、離職率は低下する、という。(参考:福祉人材確保に関する研究試論 − 介護人材の確保を中心に −)

☆若者が介護職を選ばない理由

「夜勤などがあり,きつい仕事」を挙げた者の割合が65.1%。
「給与水準が低い仕事」(54.3%)
「他にやりたい仕事がある」
「認知の問題で、そもそも介護が選択肢に上がらなかったから」

これらを踏まえるとどんなのが考えられるだろうか?
とりあえず僕としては、ネガティブイメージの払拭の為に、
介護の現場を扱ったアニメ、漫画、ドラマを作れたらな、と思う。
それらの媒体なら、若者も興味を持つし、たとえ3Kと言われるような労働環境だとしても、
「やりがい」に共感して、介護職を志す方が増えると思うので。

雑学を知ってびっくりしている表情

介護学校に入学する若者を増やすために、何かアイデアがある方は是非ご共有ください!

タグ:
関連する議論
介護に関する問題には何がある? > 介護人材不足を食い止める為に考えるべき事は?切り口は? >どうすれば、介護職に興味を持つ若者が増えるのか?

議論に参加する

avatar
  購読する  
通知