【介護人材不足問題】介護の場で、人の作業を効率化できる事には何がある?

2025年度には、介護人材が37.7万人不足する試算が出ています。
参考:厚生省「2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について 」

今回は、介護人材の不足を防ぐ為に、人の作業を効率化するにはどうすれば良いか考えます。
なお、ITやロボット、機械による自動化については、こちらで起票しています。

人の作業を効率化する為に、とりあえず思いつくのは以下です。

☆重複したり関連したりする作業はまとめる。

介護施設を新たに建てたり、m&aしたり、協力関係を築いたりして、作業を纏めてやるだけの量を確保し、事務作業などを効率化させる。(規模の経済)

☆暇な人材を事業所間でプールする。

各介護施設では、介護人材が足りない時に備え、余分に人を余らせている筈。その余分な人材を減らす為に、人材の空き時間を他の介護施設に派遣したりして、余剰人材を減らす。さらに、何処の事業所で人員が必要か、日本の介護施設全体で可視化ができれば、うまくいきそう。
それでもし、他社への派遣が難しいなら、介護業界に特化した派遣会社を増やしたり、介護施設の合併による巨大化が良さそう。

☆介護ノウハウを共有する仕組みを作る。

排泄や食事など各作業に応じて、最も良いやり方が存在する筈。これが上手く、共有されればなと思う。厚労省は、介護ノウハウを一つのサイトに集め、公開すべきだと思う。それが出来ないなら、各事業者で協力や勉強会に参加するか、m&aを通してノウハウや人材を買いとるべきか?なんにせよ、非効率な場に介護人材が分散するのは、日本の介護人材不足問題にとって良くない。

如何でしょう?

雑学を知ってびっくりしている表情

ここに書いた案を実現する為の方法の補足でも良いですし、介護の場で、人の作業を効率化させる為のまた別のアプローチがある方は共有して頂けますと、幸いです。

タグ:
関連する議論
介護に関する問題には何がある? > 介護人材不足を食い止める為に考えるべき事は?切り口は? >【介護人材不足問題】介護の場で、人の作業を効率化できる事には何がある?

1
議論に参加する

avatar
1 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
0 発言者
最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
trackback

[…] […]