RPAの未来

「RPAは流行りでしかない」とか「RPAは流行ってるからやってるだけ」とかを、ベンダーまでもが言ってるのが正直悲しい。

流行だとしても、人が減ってく日本では少なくとも導入の是非が語られるに足る技術なので、流行らなくなったら、また流行らせればいいじゃん、って思う。

「RPAって技術的には大したことないよね」って言うのも、本質とはずれている。重要なのは、技術難易度とか導入難易度じゃなくて、導入後の効果だから。

潜在的な需要があっても、顕在化しないのならば踏み込まないってのはビジネス的に分からんでもないが、本質的な価値を見直してやっぱり頑張って欲しいなって思う。

果たして、僕はRPAを買い被り過ぎてるのだろうか?

タグ:

議論に参加する

avatar
  購読する  
通知