令和とは?令和の意味を踏まえ、令和な世の中を作っていく方法は?

2019/4/1新元号は「令和」に決まった。
出典は万葉集。
どうすれば令和な世の中を作っていけるのか?

令和に関する総務省の資料はこちら。
平成三十一年四月一日 閣総理大臣談話、新しい元号「令和」について

資料から解釈するに、この元号が選ばれた背景には、「令和の意味」「出典が万葉集である事。(日本最古の歌集で幅広い階層に読まれた歌集)」「梅に込められた思い。(令和が梅の花に掛かっている)」の3つがある。

令和の意味

資料では、以下のように記載。

この 「令和」 には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められております。

皆んなで、素晴らしい社会を作ろうって事だと思う。一人では無理かもしれないが、皆んな仲良くし、協力すれば素晴らしい文化(社会)が作れる筈って事。

出典が万葉集である事

資料では、以下のように記載。

万葉集は、 千二百年余り前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、 天皇や皇族、 貴族だけでなく、防人や農民まで、 幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、 我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります。

→これは事実しか言ってないので、様々な解釈ができるが、以下のように解釈できそう。
1.国の豊かな国民文化と長い伝統を讃えた上で、これからの世の中を作っていこう。(壊すなとは言ってない。)
2.令和な世の中を作っていく責任があるのは、特定の人ではなく、老若男女皆んな。どんな背景を持つ人であれ、皆んなで協力して素晴らしい社会を作っていこう。(1億人総活躍プランに繋がるのか?)

梅に込められた思い。

資料では、以下のように記載。

厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、 一人ひとりの日本人が、 明日への希望とともに、 それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい、との願いを込め、 「令和」に決定いたしました。

一人一人の幸せであって欲しいって事だと思う。平成では、辛く停滞した人生を生きたとしても、令和では、一人一人が才能を発揮し、満足いく人生を送って欲しいって事。

一旦以上です。

これらを踏まえ、どうすれば令和な世の中を作れるのか議論したいです。(個人として、どう活動すべきか。社会としてどんな仕組みが必要か など。)
また、もしあれば令和な世の中を作る為の前提条件として補足あれば、追加ください。


タグ:

2
議論に参加する

avatar
2 スレッド数
0 スレッドへの返信数
0 フォロワー数
 
最も反応された発言
最も熱い発言
2 発言者
名無しさんとうま 最近の発言者
  購読する  
最新 最古 最も人気
通知
名無しさん
ゲスト
名無しさん

令和の意味と、出展が万葉集である事の共通項は、「みんなで」なので、その為に、1人1人の個性を重んじられるように、って意味があると思われる。(例えば同性婚問題みたいに、マイノリティの生活や尊厳に対して、前向きに取り組もう、という意図がありそう。)